ワインセラーを自宅に導入してみて

ワインセラーのメリット・デメリット

私も妻もお酒が大好きな人間で、その中でも特にワインは大好物です。
しかしそれ故に、毎回沢山買い込み過ぎては置き場所にも困っていました。
解ってはいるのに、お店に行っては新しいワインを探す日々です。
そこで購入を検討したのが、ワインセラーでした。
とはいえ、何本も入るタイプになるとなかなかの値段です。
一見ワインをより良く保存でき一石二鳥のように思えますが、妻とは何度も協議しました。
そして2ヶ月程度悩んでついに導入をしてみて、それなりにメリットやデメリットも判ったような気がしています。
まず大きなメリットとしては、プレゼントなどで頂いた高級品のワインを気兼ねなく保存できる点です。
これまでは、レアものや限定品のワインはレンタルセラーに預けていました。
ただこのレンタルセラーの場所が自宅から遠く、少額ではありますがレンタル料のランニングコストが掛かっていたのです。
それがボディブローのように効いていたため、何の不安もなく自宅に置いておけるのは良かったと思っています。
更に、温度管理が絶妙で素晴らしかったです。
例えば夏の暑い日にちょっと飲みたいなというとき、冷蔵庫の冷やし方では不満なことが多いです。
他の飲み物のようにキンキンに冷えていてもいけないですし、ワイン重視の温度調節をすると他の飲み物や食品に影響します。

https://t.co/aOWDaLrTcf

今日明日はこんな感じです!
よろしくお願いします。

— Mitamari (@mari_dosu) 2019年1月9日

ワインセラーのメリット・デメリット色んな年代や銘柄をコレクションするのが今の趣味サイズの面でも念入りに確認をしてほしい